運営メンバー

パートナー企業

財団の活動内容に賛同して頂き、ASEAN各国の最新のビジネス情報を提供して頂いておりますパートナーの方々をご紹介します。
パートナーのみなさんには、セミナーに講師としてもご登場いただく時があります。

タイパートナー

パーソネルコンサルタントマンパワータイランド(株)
代表取締役社長 小田原靖

タイパートナー小田原靖

[アジアを目指す方に一言]
「いつも笑顔で」をモットーに、かかわっているみんながいい会社だって自信を持って言える様な会社を作りあげたい。
タイ国、バンコクで一番の人材紹介会社パーソネルコンサルタントを運営しています。
日本も高度経済成長期の頃と同じ様に、タイに来て、まじめに努力をしている人は本当に報われています。
努力に見合った結果が得られるのは、成長しているマーケットではないでしょうか?
マーケットが成長しているアジアでは、頑張り甲斐があると思います。

ベトナムパートナー

(株)Cross Border Strategies
代表取締役社長 旭南成華

旭南成華

[アジアを目指す方に一言]
日本企業が本格的にベトナムに進出してから数十年、当時投資の中心だった製造関連から業種は拡大し、様々な分野で日本企業の活躍が見受けられるようになりました。とは言うものの私は日本企業の進出は、まだ少ないと感じています。
ベトナムには日本企業をエネルギッシュに駆り立てる要素が沢山あります。多くの発見がビジネスチャンスに生まれ変わり、それは皆さんを忙しくさせてくれるはずです。
是非ベトナムへ、お待ちしています。

マレーシアパートナー

桜リクルート社
鵜子幸久

鵜子幸久

[アジアを目指す方に一言]
日本人が移住したい国人気ナンバーワンのマレーシアですが、現在高度成長真っただ中にあり、その様相はちょうど日本の昭和30~40年代とオーバーラップします。
多々ビジネスチャンスが存在するこの国に是非可能性を感じて進出ください。我々が全力でサポートいたします!

ミャンマーパートナー

(株)R-SeeRex
中村亮

中村亮

[アジアを目指す方に一言]
日本人にとって、文化や歴史、何よりも地理的な観点からしてアジアと云う地域は、その他の諸外国と違って大変受け入れてもらい易い場所です。
これまでのアジアは、発展途上国として足を踏み入れにくかったかも知れませんが、現在は、成長性からも世界の中のアジアは新しい時代に入っていると云えます。
その昔、まだ未整備状態だったタイ国に日本人が早くから活動を開始していたからこそ現在でも日本の存在感が大きく、未だに中国・韓国勢には引けを取りませんが、それもいつまでも続くか分かりません。最低限の生活が守られている日本だからこそできるアジアをもっと成長させる挑戦は、今後の日本人にとっても明るい未来になることを信じてます。
一緒にアジア進出を目指しましょう!

インドネシアパートナー

(株)アルゴス
インドネシア代表 室野秀

室野秀

[アジアを目指す方に一言]
実際にインドネシアで生活すると予想外のトラブルや日本だと当然で当たり前のことができず不自由を感じることが多々ありますが、それと引き換えても、インドネシアで勝負したい、と思えるような今後の発展の可能性と、とんでもなく愛くるしい素敵な笑顔がここにはあります。
日本で閉鎖感にとまどっている方、このままじゃ終われないという強い志の方、やりたいことがわからないという方、今後ずっと企業で働くことに抵抗がある方、海外展開をしたい経営者の方、ニートの方、一度、ゆっくりと遊びに来てみてください。
現地で精一杯働いている日本人、未来への希望だらけの現地人、とびっきりの笑顔で迎えてくれるお店の人、どうしようもない位絡んでくる人、そんな世界がきっと待っています。
ご縁があれば、お茶しましょう。

カンボジアパートナー

プノンペン Bar CONY経営
小澤貴也

小澤貴也

[アジアを目指す方に一言]
アジアで事業をするにあたり、日本では考えられない問題もつきものです。しかし、それ以上にアジアの魅力・やりがいがあるのは間違いありません。一つの事業が【国づくり】に反映されることを実感しながら、事業を通して日々アジアの向上を目指していきます。
アジアには最高の舞台が待っています!いざ、アジアへ!!

フィリピンパートナー

()GY Consultancy Group Inc
代表 飯田祥史

[アジアを目指す方に一言]
『アジアの病人』とまで呼ばれていたフィリピンですが、現在(2014年時点)の首都マニラは、
-高層オフィスビル群
-高級コンドミニアム建設ラッシュ
-日本食ブーム(ラーメン、とんかつ等)
-朝夕の通勤ラッシュ
-慢性的な渋滞 
などが目に入り、日々『アジアのエネルギッシュさ』を感じることが出来ます。と同時に、役所の対応やインフラ面の未整備(道路、鉄道、電気、通信など)に腹を立てることも多々ありますが(笑) 発展段階の国だからこそ、大きなビジネスチャンスもあるかと思います。日本からは、たった4〜5時間の距離です。是非一度、その目で肌でフィリピンを感じて下さい。サンミゲールビールとともに、お待ちしております。

シンガポールパートナー

(株)World Gateway
取締役 浅野辰徳

浅野辰徳

[アジアを目指す方に一言]
世界銀行の『ビジネスのしやすい国』ランキングで5年連続1位に輝くシンガポールは、地理的にも、経済的にも、アジア戦略の ハブとして第一候補にあげられることが多い国です。
インフラも整っているため非常に過ごしやすく、住む上でも一切不便がありません。
世界金融の拠点でもありますので、何かシンガポール進出に関してお困りの際はぜひご一報下さい。

 

顧問・設立メンバー

顧問紹介

衆議院議員
青柳 陽一郎

aoyagi

[プロフィール]
1969年8月29日生まれ。衆議院議員(二期) 維新の党
神奈川県総支部代表
党国際局事務局長
選挙区:神奈川6区(横浜市保土ケ谷区・旭区)
衆議院決算行政監視委員会理事・拉致問題特別委員会理事・外務委員会委員
2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会顧問会議メンバー
ベトナムフェスティバル事務局長
Japan Festival in Indonesia実行委員長
早稲田大学大学院公共経営研究科修了

アジア・ファイナンス学会理事
小林孝雄

小林孝雄

[プロフィール]
東京大学工学部卒業。スタンフォード大学ビジネススクール博士課程卒業(Ph.D.)。
ハーバード大学ビジネススクール研究専任助教授、東京大学経済学部助教授、同教授を経て、1996年から東京大学大学院経済学研究科教授に就任する。
アジア・ファイナンス学会会長、日本ファイナンス学会会長を歴任し、現在はアジア・ファイナンス学会の理事、日本ファイナンス学会副会長を勤める。

理事紹介

代表理事
参議院議員丸山和也 公設第一秘書 山本尚宏

山本尚宏

[プロフィール]
昭和57年7月30日神奈川県生まれ。東京大学中退。
その後、約3年間フリーター経験を経て、法律事務所に勤務。
その後、IT企業・広告代理店勤務を経て、平成24年3月より参議院議員・弁護士丸山和也の秘書に就任。

(株)G.Iホールディングス
代表取締役プロデューサー 池田秀一

池田秀一

キーマン(株)
代表 竹内信夫

竹内信夫

[プロフィール]
東芝EMI、EMIミュージック・ジャパンで主にタイアップ業務を担当し、数々のヒットに貢献した後、現在は独立してキーマン株式会社の代表として引き続きミュージックビジネスを中心に活動している。

コンサルタント会社
代表 志垣亮

志垣亮

[プロフィール]
1960年生まれ。
東京工業大学科学技術高等学校卒業後東芝グループでSEを10年経験、その後10年出版社に勤務し取締役総務局長にて退任。
IT企業にて専務取締役を経て現在に至る。

(株)スーパーウェブ
代表取締役 豊永貴士

豊永貴士

[プロフィール]
1998年教育業界に日本で始めて、黎明期にあったダイレクトレスポンスマーケティングを導入し、飛躍的に自社の実績を伸ばすことに成功。
紹介のみでコンサルティングを請負い、現在までに百数十社の依頼を受け、その業績向上成功率は92.6パーセントに及ぶ。そのクライアントは、年商数千億円の上場企業から、町の老舗までと幅広い。
東日本大震災の日、羽田空港で缶詰となり、日本の閉塞感を打破する一助になろうと決断。広がりゆくアジアマーケットを日本人が実感できる書籍として、『日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの?』を執筆。その独自の語り口調とわかりやすさが、大きな反響を呼ぶ。
その後、多方面からの要望に応え、アジア進出を指南するアジアビジネス最速実践塾を開講し、現在に至る。

評議員紹介

ログイン(株)
代表取締役 野木志郎

野木志郎

[プロフィール]
1960年大阪府高槻市生まれ。
1984年立命館大学法学部卒業
(株)光陽社にて営業を3年、(株)千趣会にてバイヤーを15年経験、2002年日韓共催のW杯の稲本選手のゴールを見て感動し、日の丸を背負うアスリートのためのアンダーウエアを開発する事を決意。
父親の経営する縫製会社に転職し、4年かけ「包帯パンツ」の原型を開発。
2006年ログイン(株)を設立。2007年に「包帯パンツ」を、2008年に「甲冑パンツ」を発売し、話題沸騰。
愛用者には日本を代表するアスリートをはじめ、多くの著名人を持つ。

(株)Claudia
取締役 石田昇

石田昇

[プロフィール]
2006年5月に芸能プロダクション、株式会社Claudiaを立ち上げ、歯科女医など文化人を中心にマネージメントを行う。
立ち上げ当初からキー局の情報番組や、バラエティ番組などにタレントをブッキングした実績を活かし、美容関係のクライアントを中心にメディアに対してのPR業務も手掛けている。

(株)八尾カワサキ
取締役 加藤喬久

加藤喬久

[プロフィール]
1996年に二輪業界の二代目として八尾カワサキに入社。
当時、レッドオーシャン化していた商品が良くて安ければ売れる販売方法から「楽しさ」を売るライフスタイルマーケティングに感銘を受け実践。
全世界のHarley-davidsonにディーラー対象に行われHarley-davidson Awardsに3度選出カワサキ優秀賞、スズキ優秀賞多数受賞している。

AYAインターナショナル(株)
代表取締役 加藤彩

加藤彩

(株)グリップ
代表取締役社長 藤野祐一

藤野祐一

[プロフィール]
1984年11月8日生まれ。愛媛県出身
2001年携帯電話の販売業で創業後、2006年10月に店舗向け家具の販売事業転換。賃貸住宅用のキッチン、洗面台の企画、販売事業を開始。2011年6月には新規事業としてオーダースーツブランド、アッフェラーレを立ち上げ現在に至る。
2006年10月6日に同社を設立、代表取締役に就任。

各業界からの推薦の声

財団の活動に関しては、各界よりたくさんの推薦の声を頂いております。
こちらでは、その一部をご紹介いたします。

野田 一夫様

[(財)日本アジア中小企業ビジネス機構の発足に寄せて]
歴史上、アジア諸国がこぞってこれほど元気のいい時代は、かつてなかった。
だからこそ、アジア諸国の中で突出していち早く見事な工業化に成功した日本の、国家としての現在の元気の無さが目立つ。
しかし、少なくとも現時点では、アジアの経済先進国として日本が蓄積した潜在的知的能力は、殆どのアジア諸国の人々からまだ高い評価と期待を抱かれていることも事実だ。
問題は日本の産業人が、アジア各国が抱えているそれぞれ微妙に異なる課題に対して強い関心を示すとともに、その解決に積極的な努力を払おうとしているか否かだ。
実はその数こそ多くは無いが、日本の産業人の中でもすでにその考え方を抱いて先駆的ビジネスで成功を収め、アジア各国の経済に貢献している人々は相当数いる。
(財)日本アジア中小企業ビジネス機構設立の主要目的は、これら先駆者たちの知識・経験・ノウハウなどを、今後アジア市場のビジネスで成功し各国経済に貢献したいと志す人々に直接伝授することにあるという。
同機構の活動の成功を心から祈念したい。

菅原浩志様

昨今、ビジネスにおいてアジア市場が注目を集めているが、 アニメーションを始めとし、映像コンテンツ業界でもこれは例外ではない。
ASEANの中でもめまぐるしいスピードで発展しているタイを例に上げても、映画業界は右肩上がり。
若者は休みになると、こぞって映画館へと足を運び、その光景には古き良き昭和の時代が感じられる。 決して特定の業界の話ではなく、全ての業界において『アジア』の存在感がこれまで以上に大きくなっていくのは明らかだ。
そういった観点からも、各業界のプロフェッショナルが集う(財)日本アジア中小企業ビジネス機構は、今後の日本とアジア市場の関係を強化する一助になると期待している。

Lia様

文化面ではアニメなどのサブカルチャーが根強く世界へと発信されているイメージがありますが、実際に世界をみてみると、純粋に『日本』という国が大好きな人がたくさん。
アジアもまさにその典型的な例で、『日本』が大好きという人がたくさんいらっしゃいますね。
『もっと、日本人に来てほしい』という、ASEANの国々もあるようです。
『メイド・イン・ジャパン』の魅力を世界に伝えていければ最高ですね!
日本からアジアに出て、日本を含めて全アジア圏を一緒に盛り上げていきましょう!

西部修司様

(財)日本アジア中小企業ビジネス機構が目指しているのは、一口にアジア進出といっても、最近巷で騒がれているようなただの日本脱出論ではない。日本市場での既存の事業を大切にし、国内での基盤を固めたうえで、更なる展開として、これから世界最大の市場へと発展していくアジア市場に進出できる準備を進めていこうというのだから、実にすばらしい考え方ではないだろうか。
国内経済はアベノミクスで活性化しつつあり、このチャンスを逃さず、国内の事業を伸ばした上で、将来を見越してアジア進出の準備も進められる。地場を固めて、将来のためにしっかり準備をしていく。そんな中小企業のサポートを行う財団の活動に期待しています。

朝倉禅様

10年前の2003年当時、
「サービス業、ヘアサロンが中国に進出することにチャンスがある」
「しかも現地在住の日本人ではなく 中国人をターゲットにする。」
「そして 自分達の技術を中国の美容業界のスタンダードにしたい。」
そんな話をしても、誰一人として賛成してくれる人はいませんでした。

中国のその後の発展は今や誰もがご存じの通りです。

激動の発展の中に身を置き、大きく変わり行くアジアの国を肌で感じていく中でこの中国と同じような発展をたどっていくアジアの可能性を見過ごすのは非常にもったいないと常々感じていました。

しかし、どれだけ日本人が アジアに進出することに対して積極的にはなったとはいえ、やはり異国の地。 文化や好みそしてビジネスのルールも大きく違う。

中国で感じたのは「一人では勝てない」ということ。

現在このような(財)日本アジア中小企業ビジネス機構を通して、実際にその国での先駆者として成功している人と出会えることやこれから進出しようとしている企業とのビジネスマッチングのチャンスがあることはとてもすばらしく、非常に意義のある事だと思います。

日本と違い海外では業種を限定せずに、ジャンルを飛び越えた概念が必要。
だからこそこのような機構を通しビジネスマッチングから生まれる相乗効果で日本のコンテンツの強さを現地でしっかりと根ざし、アジアの多くの人々のライフスタイルに幸せな変化を与えたいと改めて感じております。

貴財団の活動が全ての企業の力に、そしてアジア発展の基地となりますよう、成功を祈念しております。

飯塚英寿様

NHKでテレビ制作に携わって30年、私はその間、韓国KBS、香港TVB、中国CCTV、上海電子台などアジア各国のテレビ局と多くの番組を制作してきた。当初はまだまだ技術力も番組制作力も弱く、共同制作というよりむしろ援助という感じであったことを覚えている。
事実、1964年にNHKの提唱で設立されたABU(アジア太平洋放送連合)を通して、アジアの多くの放送局は、放送技術や番組制作の技術協力やコンテンツの提供を受けてきた。
そのABUが設立されて来年で50年、アジア各国の放送局は発展・進化を遂げて独自の文化を築き上げた。技術力もモラルも向上し、多くの名作も生み出している。とは言え、まだまだ多くの国が、日本の力、特に4K、8Kなどの最新の技術力やクリエイティブに長けた人材を必要としている。
ABUが設立された1964年はアジアで初めてのオリンピックが東京で開催された年。そして再び2020年の東京オリンピックの開催が決定した今こそ、改めてアジアに視野を広め、ビジネスのチャンスを掴む絶好のタイミングなのである。その水先案内人として、(財)日本アジア中小企業ビジネス機構の支援活動に大いに期待を寄せてます。

(財)ABCメルマガ登録
(財)ABC公式ブログ